館山市立神余小学校PTAブログ

認知症サポーター講座〜第二回家庭教育学級〜

10月10日の第二回家庭教育学級は、
認知症サポーター講座が行なわれました。

館山市地域包括支援センター「いちご」から鈴木さんを講師にお招きし、
認知症を理解するために、
1. 認知症とは?
2. 認知症の症状
3. 中核症状
4. 行動.心理症状とその支援
5. 認知症の診断•治療
6. 認知症の予防
7. 認知症の人と接するときの心がまえ
の講義をうけ、認知症の人に対する適切な対応を学びました。


家教


認知症は今や85歳以上の4人に1人と言われ
高齢化問題の一つとなっています。
館山市でも4人に1人が75歳以上
2.5人に1人が65歳以上と高齢化が進んでいます。
認知症は、今は身近に感じられなくても誰にでも起こりうる病気です。

一人一人が認知症について正しい知識を持ち、思いやりのある行動をとることで
認知症の人や家族を支える事ができ、皆が尊厳をもって最後まで自分らしく生きられることに
つながるのではないかと思いました。

(く☆ひ)
スポンサーサイト
  1. 2017/10/10(火) 20:19:26|
  2. 学校行事

館山市PTAバレーボール大会

10月1日に館山市PTAバレーボール大会が行われました。

今年は練習の途中で怪我などで人数が減り
試合に出られるか?練習が続けられるか?など心配も絶えませんでした。
それでもキャプテンを中心に一丸となり、
ポジションチェンジなどをして纏まったチームになりました。

いよいよ本番です。

真新しい横断幕が体育館に映えます!
新調してくださった応援団のみなさん、ありがとうございます!
バレー大会


開会式では我らがキャプテンが選手宣誓をおこないました。

1試合目は館野小チームと対戦。
1セット目は緊張からか力を出せず取られてしまいました。
2セット目は神余チームに勝機が来ました!
応援席だけでなく、ベンチのボルテージも上がり
監督・コーチも熱が上がり立ちあがって応援!
審判から注意を受けてしまいました…笑
それだけベンチも盛り上がっていました。
近年ではなかった二桁の得点を取ることが出来たのです。
結果的には惜しくも敗れましたが、
来年に繋がる良いプレイができ
選手からも笑顔がこぼれていました。

2試合目は豊房小チームとの対戦です。
練習の成果を出して精一杯頑張りましたが
豊房小は強かった。敗北です。

子ども達も大きな声で応援が出来ました。
お母さんたちの励みになったでしょうか?


バレー大会3


バレー大会2

今年のバレーボール大会の優勝は館山二中でした。
数年前まで一緒に練習していたお母さんたちも
大活躍でした。おめでとうございます。


練習から試合当日まで、応援・お手伝いをしていただいた
多くの皆様に感謝しております。ありがとうございました。
そしてお母さんたちお疲れ様でした。
人数が少ないからこそそれぞれが自分のできることを
精一杯やり協力して、とても良いチームになりましたね。
また来年も「親睦を深めみんなで楽しく!」をモットーに
一丸となってバレーを楽しみましょう!

(た☆な)
  1. 2017/10/01(日) 20:49:58|
  2. 学校行事

夏休み体験発表会

9月7日、低学年、中学年、高学年の3つの教室に分かれて
夏休み体験発表会が行われました。

【1,2年生】

今年の夏休み体験発表会も1、2年生らしい可愛らしい作品や、驚きの作品ばかりでした。
いらなくなった物を使ってたくさんの小物を作ったり、実際の星の距離を縮小して模型のようにしたり、
夏休みだから出来る大作を見る事が出来ました!!

ファイル 2017-09-23 22 58 24

いろんな人の発表を見る事で次はどんな事に挑戦してみようかな?自分もやってみたいな!
と大人も子供も思ったのではないでしょうか(*^^*)
来年はどんな作品が見れるのか楽しみがまた1つ増えました!!

(さ☆の)


【3,4年生】

5人だけの中学年の体験発表もバラエティーに富んでいて、興味深いものばかりでした。
「小さいけれど一人一人が個性を発揮できる神余小の子ども達の夏休み♪」が感じられます。

内容は以下、
「織田信長とその周辺の人物について」
「ゆでたまごの固さ」
「暗やみで光る花びん」
「じしゃくで走る電車の町」
「家のまわりのアカハライモリ 4 ~ 皮ふの変化は天気の予測に利用できるのか」

3rd4thresearch002

●自分の生まれた国で、かつて活躍した武将たちのことをイメージする。
●モノが化学の力によってどのように変わり、自分の生活にどう活かせるのか。
●自分の住む環境を自然の一部と考え、飼っている生き物から自然との関係性を見つける。
(ある生徒さんは1年生~4年生の間、同じテーマで生物観察をし、研究を続けています。すでに小さな研究者ですよね!)

(よ☆は)

【5.6年生】

毎年行われている体験発表会、高学年になると内容もより高度に、発表の仕方も上達していて
とても成長を感じました。
自分が調べたことや考えをまとめて人に伝える、ということは簡単にできることではありません。
調べて終わり、ではなく、こうした発表の機会があることはとても良いことだと思いました。

ファイル 2017-09-23 22 59 10

また、友達の発表を聞いている時もメモをしたりして、発表後には質疑応答の時間もありました。
自分では気づかなかったことをお友達が気づいたり、そうしたことで更に調べてみようという
きっかけになったりしていいですね。
今後も続けていってほしいと思いました。

(お☆す)


神余小の子ども達は、おそらく他の学校ではマネできない有意義な夏休みを体験しています。
自由研究をやるかどうかは本人に任されてる学校もあると聞きます。
でもこの学校では1~6年生まで全員が、何か一つ自分で決めたテーマでやり遂げるのです。
そして、夏休み明けのこの体験発表会で自分の言葉で披露します。
地域の方やたくさんの保護者の前でプレッシャーを感じつつ(笑)、最後には誇らし気に発表を終えます。
大したものです!毎年ひとりひとりの苦労や努力が感じられて、感動します。


家族や親戚、友人とのんびり楽しく過ごすことも大切ですが「自分で考えて一つのことを成し遂げる」
そんな訓練を子どもの頃から始めるのは、将来へのすてきな贈り物と思いました。
「苦労したけど、やってよかった!」それってとっても大切ですね♪

3rd4thresearch003

(よ☆は)


  1. 2017/09/07(木) 21:46:03|
  2. 学校行事

愛校作業

夏休みも終わろうとしている8月27日朝7:00
元気な顔が揃って、神余小の清掃が始まりました。


地域の方々、消防団、父兄による草刈り隊、
鎌などを手に草を取る母や祖母、
熊手や竹ぼうきで草を集める神余小のみんな、
スムーズに分かれて作業に取り掛かります。

愛校作業



愛校作業2


あっという間に作業も終わり、新学期を迎えるにふさわしい
神余小となりました。
ご協力いただいた皆様ありがとう御座いました。


神余小は地域の方々に見守られ、密度の濃い関わりの中
新学期を迎えようとしています。
新学期に向けてlet's go !


(た☆そ)
  1. 2017/08/27(日) 14:22:13|
  2. 学校行事

俳句教室〜放課後子ども教室〜

8月17日、夏休み放課後子ども教室は俳句作りです。
いつもお世話になっている和穎光子先生をお迎えして、神余小の子ども達と、
ちょうど館山でホームステイをしていたCFAKidsの子ども達とで一緒に俳句を作りました。

俳句2


神余小では毎年、かなまり文集を発行し子どもたちの作った俳句を載せています。
二月に発行するので俳句の季語はいつも冬でしたが、今回は季節を夏に変えて
「あおがえる」「ほたる」「青田風」等、夏の季語を使う事になりました。

先生から、俳句には季語を入れ十七音(五七五)とルールがある事を教わり
皆真剣な顔つきで取り組んでいました。

出来た作品は一人ずつ発表し、その後みんなが作った作品の中から、自分が気に入った作品を発表しました。
自分の作品が選ばれ発表されると、皆嬉しそうにしていました。

俳句


俳句は、目で見て、耳で聞いて、手に触れて、心の中で感じる事が大事だと今回教わりました。
世界で一番短い自分だけの詩は、かなまり文集に記載されます。
今から楽しみです。

和穎先生、今回もありがとうございました。

(く☆ひ)
  1. 2017/08/17(木) 18:27:12|
  2. 学校行事
次のページ

プロフィール

館山市立神余小PTA

Author:館山市立神余小PTA
ホタルの飛び交う里山のスモールスクール。

少人数ならではのきめ細やかな教育と、思いやりを育む地域連携の充実。

神余小学校で学んでみませんか?

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (21)
学校行事 (147)
PTA行事 (226)
地域行事 (52)
神余小検定 (4)

リンク

閲覧訪問者数

フリーエリア

外為どっとコム評判

リンク

このブログをリンクに追加する