館山市立神余小学校PTAブログ

第17回神余かっこ舞保存会 総会

25日 神余地区青年館で 第17回神余かっこ舞保存会総会が行われた。

総会前には、山村恭子講師(館山博物館)による安房地方のかっこ舞の講演があり
約50人の人が聞き入っていた。
DSC_0046.jpg


その後 総会となり、地元保存会役員の進行のもと
各区長のあいさつから始まった。
DSC_0048.jpg


なかでも
活動方針は これを”後世へ継承・保存のため、積極的に活動する”と謳われ
その活動からは、神余地区民の”日吉神社のかっこ舞”への思いがあふれる内容であった。

総会も無事終わると、披露舞が奉納された。
画像 236
画像 238

現役でささらをやっている女の子たちに教えてもらう
子どもたちのささら体験も行われていた。
画像 237

DSC_0042.jpg
DSC_0053.jpg
体験コーナーや餅つきなどもあり
老若男女 子どもからお年寄りまで参加できる 楽しい総会であった。



(か☆か)
スポンサーサイト
  1. 2011/09/25(日) 17:01:27|
  2. 地域行事

バレーボール練習試合!

来月初めに行われる、館山市のPTAバレーボール大会に向けて
先週練習試合をしました。


私は右手突き指のためこの日は見学。
せめてものご奉公にと写真を撮り記事を書かせていただきます。


蒸し暑い夜でしたが、まずはパス練習など。

緑のTシャツは、ユニフォームではなく、PTAで作ったお揃いのTシャツです。
背中には、校歌の一節が書かれてあり
運動会や子供神輿などのPTA行事の時に着用しています♪

DSC02915.jpg


選手はママさんですが
コーチ陣と監督はパパさん&PTAOB!
(PTAのOBって、すごいですよね?自分の子供が卒業しても小学校に行事に関わっているんです。)


みなさん自分のお仕事が終わったあとに時間を割いて集まってくれます。

DSC02916.jpg




人数の多い学校なら、経験者優先の有志でチームをつくるのでしょうが
我が神余小学校はなにしろ18世帯しかおりません(笑)
2セットで2試合となれば、正選手9人ではスタミナが持つわけございませんっ!

・・・だから、全員が選手です。
経験者のほうが少ないぐらいのシロウト集団ですが、団結力はたぶん館山で一番!!


この日は試合にこそ負けてしまいましたが、かなりの得点をあげることができ、
校長先生が大喜びでした。
(校長先生も教頭先生もいらしてくださいました。若い女性の先生は、フツーに選手です^^)



黒いユニフォームの相手チーム。
なんだか訳もなく強そうに見えちゃうんですけど(汗)



DSC02918.jpg

優勝だけが目的ではなくて、
みんなで一緒に、笑ったり笑われたりしながらもひとつのことに取り組んでいく。

親の練習しているそばで、子どもたちは子どもたちで遊んでいます。
今日はバレーの練習行くでしょ?と、ちょっと疲れていても子供にせがまれて参加したりして。
そして、行けば必ず楽しいんです。

ゆっくりと、しかし確実に成長している神余小チームです。
いい結果を残したいと思います。


(に)
  1. 2011/09/09(金) 22:18:33|
  2. PTA行事

夏休み体験発表会【5.6年生】

先日行われた、夏休み体験発表会。
私は5.6年生の発表を見に行きました。

場所は、音楽室でした。

DSC02889.jpg


高学年になると興味もそれぞれ・・・。
いろんな自由研究がありました。

見入ってしまった発表もあって、全員の分の写真がないことをちょっと後悔しています・・・。



世界のお金について調べた子。
※これは、単位が若干違っているところがあるのでは?と校長先生からご意見いただきました。

DSC02891.jpg

でも、きれいに表にまとめてありますね。




この、CCDみたいなやつビックリでした。
机の上にあるカメラのところに
見せたいものや写真を置くと、モニターに映し出されます!

DSC02890.jpg

実物のお金が紙に貼ってあって、それを見ています。裏と、表ですよ。




こちらは
お醤油の結晶を観察してみたそうです。
シャーレに実際観察したお醤油が入っていて、タッパーで大事そうに持ってきていたのが印象的でした^^
DSC02892.jpg


ふつうのお醤油・うすくち醤油・減塩醤油と3種類で比べてみたそうです。
結晶の大きさや形は塩分の量によって変わるらしいのですが
なんと
うすくち醤油が一番塩分が多く、結晶がはっきりできるということがわかり、
メタボを気にする大人たちは「えーーーっ?」と皆驚いていました(笑)

人間が乗れる船を作ってきた子(これは川で試乗したところを証拠写真として添付)

リバーシブルのエプロンを作ってきた子。(実物を披露。あまり布できんちゃく袋も作ってありました。)

水性ペンのにじみ具合から、一色のペンにいくつもの色が合わせてあるということを見せてくれた子。

金属のパイプを使って楽器を工作した子。

光の3原色について調べた子。



それぞれの興味から、
発表という形にするまでを
実物や、模造紙にまとめたものなどを使い
ひとりひとり個性が光っているなぁと思いました。


質問や感想も飛び交いました。
先生や父兄が手を挙げることもしばしば・・・。



体験発表会って、どこの小学校にもあるんでしょうかね?

自分の子だけでなく、お友達たちも、
長い夏休みに 何に取り組んだのか
どんな発見があったのかを
親が知ることができることがとても嬉しいです。

新学期、みんな真っ黒に日焼けした顔で
先生も一緒にこの発表会の準備をしたんだろうなー

ひとりひとりの作品や結果に向き合って、発表に向けてアドバイスなどしてくれたであろう先生方に感謝です。



(に)
  1. 2011/09/08(木) 21:48:02|
  2. 学校行事

夏休み体験発表会【3.4年生】

3・4年生 計6名の夏休み体験発表会は、F教室で行われました。
このメンバーでの発表は、各々1・2年生の時以来2年ぶりです。

自然科学、化学、工作、体験記と分野も様々です。
発表のスタイルもまた様々ですが、どのようにしたらみんなにわかりやすく伝えられるかを
工夫して発表しているのが印象的でした。


『ダンゴムシの研究』

IMG_3436_20111023225938.jpg
ダンゴムシの模型を造り、研究結果をクイズ形式で発表しました。
                     




 『月について』

DSC03696.jpg
月の満ち欠けを毎日調べました。





『シーグラスのランプシェード』

IMG_3441.jpg
月の研究以外に、とてもきれいなランプシェードも作ってきてくれました。





『しょうゆのひみつ』

DSC03697.jpg
しょうゆを使っていろいろな実験を行いました。
                     




『黒糖ができるまで』

IMG_3443.jpg
旅行先で興味を持った黒糖を作っている工場を訪問しました。





 『わたしの海ざんまい日記』

DSC03700.jpg
船に乗って魚を釣ったことやそれを料理して食べたこと、磯遊び…。まさに海ざんまいな一日でした。





 『いえのまわりのセミ 4』

IMG_3456_20110915010340.jpg
4年目の今年はセミの寿命をメインに調べました。



以前よりもみんな、発表が上手になっています。
小規模校であるがゆえ、必ず児童全員が発表することとなり自然とその機会も多くなります。
しかし、このようなことを重ねているので、他校の同学年の児童と比べてもかなり発表慣れして
いるのではないかとの印象を受けました。

質疑応答も同様です。
今まではモジモジしてなかなか自分の意見が言えていませんでしたが、今回は的を得た質問、
意見がでていました。それだけ発表を聴く態度も良くなってきたという事ではないでしょうか。

身近な出来事に興味を持ち疑問を解決していく。とても大事な事だと思います。
夏休みだけではなく、普段からもアンテナを張り巡らせてほしいと思います。

良い発表に良い質問、活気ある夏休み体験発表会でした。

(く)
  1. 2011/09/08(木) 20:40:00|
  2. 学校行事

夏休み体験発表会【1.2年生】

夏休みの自由研究を発表する「夏休み体験発表会」がありました。
1・2年生の発表会は、1年生のお教室で行われました。
初めての体験発表会の人も多く、みんなドキドキ・・・

taikenhappyou1.jpg

こんな風にみんなの前に出て発表します。ちょっと先生になったみたいですね!
この子は、自作の貯金箱について、説明をしています。
材料や作り方、工夫した点などを発表しています。

taikenhappyou2.jpg

みんな熱心に聞いています。
終わると「質問タイム」、一斉に手が挙がります。
保護者席からも意見や質問がたくさん出ます。

いろんな発表がありました。
自分なりに調べたことを発表した子、
工作の作品と、作り方を発表した子、
自作の本を朗読した子、
夏休みの経験、体験を発表した子・・・

taikenhappyou4.jpg

この子は旅行先の沖縄でチャレンジした、シーサーの黒糖作りについて発表。
苦労した点、工夫した点など、上手にまとめていました。
先生も一緒に、説明を手伝ってくださっています。

「どうしてこの子は、このテーマを選んだのかな」
「どうしてこの子は、このことに興味を持ったのだろう」
「これは、この子らしい作品だな」
そんなことを考えながら、発表を見ているととても楽しく、
9名の発表が、あっという間に終わりました。

全員がしっかりと、元気よく発表をすることができました。
長い夏休み、それぞれいろんなことに取り組んで過ごしたことがわかり
日焼けした子供たちの顔が、とっても頼もしく見えました。

(や☆け)
  1. 2011/09/08(木) 20:30:59|
  2. 学校行事

プロフィール

館山市立神余小PTA

Author:館山市立神余小PTA
ホタルの飛び交う里山のスモールスクール。

少人数ならではのきめ細やかな教育と、思いやりを育む地域連携の充実。

神余小学校で学んでみませんか?

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (21)
学校行事 (147)
PTA行事 (226)
地域行事 (52)
神余小検定 (4)

リンク

閲覧訪問者数

フリーエリア

外為どっとコム評判

リンク

このブログをリンクに追加する