館山市立神余小学校PTAブログ

校庭の整備工事中です

先日から、校庭の整備工事をしています。

土を入れ替えて、花壇の場所も移動して、ちょっぴり校庭が広くなるそうです。

大きな重機が校庭内に入り、しばらく子ども達は遊ぶことができず

かわいそうですが、生まれ変わる校庭をみんなで楽しみに待ちましょう!

seubi.jpg

(お☆す)

スポンサーサイト
  1. 2013/02/28(木) 17:55:41|
  2. 学校行事

第4回PTA理事会

第4回PTA理事会が2月26日図書室で行われました。

1、開会の言葉 副会長よりいただき始まりました。
2、会長挨拶
3、校長挨拶
4、報告
  2学期から行ってきた活動の報告を執行部、文化広報部、学校の順で報告。
5、協議
次年度の役員選考について、役員選考委員会より話し合いの報告。
その他、
「中学生理事」について
  家庭数が年々少なくなる中で中学生の親の協力はとても良い事だと思います。

また、会計監査、来年度4月の歓送迎会や家庭訪問、総会の予定を発表しました。

専門部より(予定等)
文化広報部より
広報誌かえでの発行の事
育成部より
6年生を送る会の事

6、その他
廃品回収の会計報告
ブログの記事担当の割り当て
放課後子ども教室より報告

7、閉式の言葉
で終わりました。

rizikai.jpg

今回副会長として進行の仕事をさせてもらいました。
不慣れながらでも無事に理事会が終わり安心しました。
1年間、皆さんの協力ありがとうございました!

(わ☆み)

テーマ:PTA - ジャンル:学校・教育

  1. 2013/02/26(火) 23:20:21|
  2. PTA行事

第33回豊房地区軽スポーツ大会

第33回豊房地区軽スポーツ大会が2月24日に行われました。

お隣同士の地区の交流・親睦がさらに深まるよう毎年行われています。

昨年同様参加人数は、100名ほど。
8チームに分かれ、初めて参加する子ども、最後となる子ども、知らない仲間同士がチームとなります。
そこで、上手くチームをまとめるのが6年生です。
サポートは、親がする感じでした。

種目は、『ぺタンク』と『フリスビードッジ』です。
いざ試合が始まると、大人、子ども関係なく、みんな対等で、声を出して励まし応援、
フォローも忘れない、それぞれ良いチームでした。

keisupo.jpg

keispo2_20130226155356.jpg

何より、怪我が無く無事に終わり、美味しい豚汁と参加賞を頂き、心も体も潤いました。

地区の青少年相談員のみなさんご馳走様でした!
keisupo1.jpg

今年のぺタンクの優勝は黄色組。
フリスビードッジは赤組。
チームワークの良さを称えた館山大戸郵便局長賞は、橙組でした。

keispo5.jpg

役員のみなさんもお疲れ様でした。ありがとうございました!
keispo4_20130226155357.jpg

(と☆ゆ)
  1. 2013/02/24(日) 22:33:54|
  2. 地域行事

講演会『携帯電話・インターネットトラブルの現状と対策』に出席して

2月23日土曜日の午後、館山市コミュニティセンターで
館山市青少年問題協議会主催の

『携帯電話・インターネットトラブルの現状と対策』
~青少年のネットトラブル最前線~


という講演会があり、PTA会長、副会長と共に出席させていただきました。

講師はインターネット協会の大久保貴世さんです。
インターネットのルールとマナーの啓発や
ネットに関するトラブルなどの相談を受けたりしている方でした。

DCIM4113.jpg

インターネットはとても便利なものですが、使い方を間違えると
トラブルや事故の、被害者にも加害者にもなってしまうのです。


「ケータイ」はネットもできる「電話」、
「スマホ」は電話もできる「パソコン」なんだそうです。

新しくて使いやすい、便利になったと、最近は気軽に子ども達も使用していますが
正しい知識をを持ち、ルールを守っていなければ、とても危険な目に遭ってしまうのです。

例えばケース①
自分の写真の画像をブログに載せたところ、公表していないはずの
自宅の住所がほぼ特定されてしまい、「家に行くぞ」と脅された。
 
→これはスマホや携帯電話のカメラにはGPS機能がついた機種があり、それを悪用したケースで、
 「位置情報の付加設定をOFF」にするのもひとつの回避の方法だそうです。
 
ケース② 
一番多い相談が「架空請求」で、
よく理解しないまま利用規約の同意をクリックし、登録完了後、数万円の請求をされた。

→慌てて支払わないこと。自分から教えない限り、こちらの個人情報は相手にはわかりません。
「システムの復元」という設定を行えば、クリックしてしまった以前の状態に戻すことができる
場合があるそうです。

その他方法として、有害なサイトから子どもを守るために
フィルタリング(有害なサイトへのアクセスを自動的に遮断することができる手段)をしてください
とのお話しもありました。

とにかく なにかあった場合はひとりで悩まず公的機関に相談しましょう。
とのことです。

また、友人同士のメールのやりとりなどでも、すぐに返事をしないと仲間外れにされたりするなど。
メールが来たらすぐに返事を返さなくちゃ、メールを送ったのに返事が来ないけどどうしたんだろう・・・
小中高生の間での「ネット疲れ」「ネット依存」が急増しているそうです。

→目の前に大事なことがある時は、無理してすぐに返信しなくてもいいなど、
友達同士でルールを決めて、ケータイに振り回されないようにしましょう。
とお話しされていました。

ネットの普及で親の悩みも増えているそうです。

ゲーム、メールに夢中になってやめようとしない。
頻繁に着メロをダウンロードしているが、料金が加算されている自覚がない。
子どもが誰と電話やメールをしているのかわからない。
お風呂の中でケータイをビニール袋に入れて着信を待っている。

子どもにケータイを渡す前に親子で話し合い、ルールを作りましょう。

インターネットや携帯電話などは便利で楽しく、現代ではなくてはならない存在となりました。

どんなことをすると何が起こるのか子どもにしっかりと理解させ、危険な目に合わないよう、
また、まわりの人に迷惑をかけないようにしなければいけないこと、
そのためには私達大人が、ルールやマナーをしっかりと教える必要があります。

よかったらインターネット協会のホームページも参考にしてください。
☆インターネット協会ホームページ☆

(お☆す)


テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育

  1. 2013/02/23(土) 20:09:39|
  2. PTA行事

恒例の文集かなまり

今年、文化広報部の部長として取り組んだ文集づくりを無事終えることができました。

※世帯数が多かった時代は「文化部」と「広報部」に分かれており、
文化部は主に家庭教育学級の活動を、広報部はPTA会報誌「かえで」を
年4回発行することと文集づくりをしていたそうです。
今は世帯数が少ないので合併して「文化広報部」になっています。


子供たちだけだと22ページにしかならない文集が、先生・保護者そして地域の方々からの
原稿を集めて立派な厚みの文集になるのです。

原稿の依頼文を作り印刷し、文化広報部部員が集まって封筒に一枚づつ宛名書きをして、
各地区の地区理事さんたちで手分けしてお願いに回ります。
おととしから専用のメールアドレスを用意しましたのでパソコンで作ってメールで送って
下さるかたも増えましたが、高齢のおばあちゃまが便箋に鉛筆で書いて持ってきて下さる
というようなこともあり、そのありがたさに胸がいっぱいになったこともありました。

今年は印刷の日程を2日と、製本の日を1日設定しましたが、なんと最初の2日間で完成しました!
部員ひとりひとりの頑張りのおかげです。お疲れ様です。

これは、紙に印刷した状態でいただいた原稿の中で「が」が「か」とタイプミスされていたのを、
副部長が切り貼りで直してくれているところです。(地道な作業ですね)
bunsyu1.jpg

とにかくよく働いてくれる、職員室にある印刷機。一旦紙づまりを起こすと大変なロスタイムに
なるのですが今年も機嫌よく頑張ってくれました。
bunsyu4.jpg

白紙などがないか、念のため出来上がり枚数を数えます。
なんて言ったって210部です!手分けして進めます。
bunsyu5.jpg

こちらは文集づくりの必須グッズ。冬は乾燥して指の脂っ気もなくなってきますからね。
bunsyu2.jpg

bunsyu3.jpg

印刷できたものからどんどん図書室に運んで、目次どおりの順番に組んでいきます。
圧巻?
bunsyu6.jpg

今年の表紙は筆書きです。
昨年度PTAから学校に寄付した校歌板の文字を書いてくださった、書道家の先生が描いてくれました。
先生も、神余小学校の卒業生です^^
bunsyu7.jpg

大きなホチキスで1冊づつ閉じて・・・
bunsyu8.jpg

仕上げに製本テープを貼ります。
製本テープは長~い10m巻きのものを、A4の長さに合わせて一枚づつハサミで切りました。
こちらも地味な単純作業(笑)
bunsyu9.jpg

こうして今年も神余小の宝のひとつである文集が出来上がりました。

子供の作文22枚に、大人の原稿が53枚とそして目次や表紙を含めると全部で80ページです。

児童数が減り家庭数も減っていく方向にありますが、
たとえどんなに薄くなってもいい、どうかこの文集がなくなってしまわないようにと
私は強く強く願うのです。

文化広報部部長として、一年間ほんとうに素晴らしい経験をさせていただきました。
PTAの皆さんほんとうにありがとうございました。

神余小学校が日本一小さな小学校になったとしても、
神余小学校は日本で一番地域に愛され守られている小学校だと思います。




(に)
  1. 2013/02/18(月) 21:48:45|
  2. PTA行事
次のページ

プロフィール

館山市立神余小PTA

Author:館山市立神余小PTA
ホタルの飛び交う里山のスモールスクール。

少人数ならではのきめ細やかな教育と、思いやりを育む地域連携の充実。

神余小学校で学んでみませんか?

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (21)
学校行事 (142)
PTA行事 (218)
地域行事 (52)
神余小検定 (4)

リンク

閲覧訪問者数

フリーエリア

外為どっとコム評判

リンク

このブログをリンクに追加する