館山市立神余小学校PTAブログ

講演会『携帯電話・インターネットトラブルの現状と対策』に出席して

2月23日土曜日の午後、館山市コミュニティセンターで
館山市青少年問題協議会主催の

『携帯電話・インターネットトラブルの現状と対策』
~青少年のネットトラブル最前線~


という講演会があり、PTA会長、副会長と共に出席させていただきました。

講師はインターネット協会の大久保貴世さんです。
インターネットのルールとマナーの啓発や
ネットに関するトラブルなどの相談を受けたりしている方でした。

DCIM4113.jpg

インターネットはとても便利なものですが、使い方を間違えると
トラブルや事故の、被害者にも加害者にもなってしまうのです。


「ケータイ」はネットもできる「電話」、
「スマホ」は電話もできる「パソコン」なんだそうです。

新しくて使いやすい、便利になったと、最近は気軽に子ども達も使用していますが
正しい知識をを持ち、ルールを守っていなければ、とても危険な目に遭ってしまうのです。

例えばケース①
自分の写真の画像をブログに載せたところ、公表していないはずの
自宅の住所がほぼ特定されてしまい、「家に行くぞ」と脅された。
 
→これはスマホや携帯電話のカメラにはGPS機能がついた機種があり、それを悪用したケースで、
 「位置情報の付加設定をOFF」にするのもひとつの回避の方法だそうです。
 
ケース② 
一番多い相談が「架空請求」で、
よく理解しないまま利用規約の同意をクリックし、登録完了後、数万円の請求をされた。

→慌てて支払わないこと。自分から教えない限り、こちらの個人情報は相手にはわかりません。
「システムの復元」という設定を行えば、クリックしてしまった以前の状態に戻すことができる
場合があるそうです。

その他方法として、有害なサイトから子どもを守るために
フィルタリング(有害なサイトへのアクセスを自動的に遮断することができる手段)をしてください
とのお話しもありました。

とにかく なにかあった場合はひとりで悩まず公的機関に相談しましょう。
とのことです。

また、友人同士のメールのやりとりなどでも、すぐに返事をしないと仲間外れにされたりするなど。
メールが来たらすぐに返事を返さなくちゃ、メールを送ったのに返事が来ないけどどうしたんだろう・・・
小中高生の間での「ネット疲れ」「ネット依存」が急増しているそうです。

→目の前に大事なことがある時は、無理してすぐに返信しなくてもいいなど、
友達同士でルールを決めて、ケータイに振り回されないようにしましょう。
とお話しされていました。

ネットの普及で親の悩みも増えているそうです。

ゲーム、メールに夢中になってやめようとしない。
頻繁に着メロをダウンロードしているが、料金が加算されている自覚がない。
子どもが誰と電話やメールをしているのかわからない。
お風呂の中でケータイをビニール袋に入れて着信を待っている。

子どもにケータイを渡す前に親子で話し合い、ルールを作りましょう。

インターネットや携帯電話などは便利で楽しく、現代ではなくてはならない存在となりました。

どんなことをすると何が起こるのか子どもにしっかりと理解させ、危険な目に合わないよう、
また、まわりの人に迷惑をかけないようにしなければいけないこと、
そのためには私達大人が、ルールやマナーをしっかりと教える必要があります。

よかったらインターネット協会のホームページも参考にしてください。
☆インターネット協会ホームページ☆

(お☆す)


スポンサーサイト

テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育

  1. 2013/02/23(土) 20:09:39|
  2. PTA行事

プロフィール

館山市立神余小PTA

Author:館山市立神余小PTA
ホタルの飛び交う里山のスモールスクール。

少人数ならではのきめ細やかな教育と、思いやりを育む地域連携の充実。

神余小学校で学んでみませんか?

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (21)
学校行事 (142)
PTA行事 (218)
地域行事 (52)
神余小検定 (4)

リンク

閲覧訪問者数

フリーエリア

外為どっとコム評判

リンク

このブログをリンクに追加する