館山市立神余小学校PTAブログ

「通学路の安全と防犯活動について考える」

12月11日(月曜日)

科学警察研究所 犯罪行動科学部 犯罪予防研究科室 斎藤知範先生の
「通学路の安全と防犯活動について考える」
という講習会が南総研究所で行われました。

koutu1.jpg


先生は様々な犯罪を、科学的に研究されています。

講習の内容をまとめました。

1、犯罪を「予防」するということ

*犯罪が起こる時の3つの項目

 ・犯意ある行為者
 ・ターゲット(被害者になり得る人)
 ・監視者(抑止力のある人)がいない場合

公園や下校時などで、大人や親がいない場合などが危険です。


*パトロールや安全点検

 ・防犯パトロール
 ・交通当番
 ・防犯のためのマップ作り「聞き書きマップ」の作成

「聞き書きマップ」とは
人気のない場所や過去にあった事故、犯罪に関する事例など、
町を歩きながら見聞きしたことを音声で録音して記録し、
あとでそれをもとに地図を作ることができるパソコン用のソフトウェアです。

聞き書きマップの作り方

先生曰く、防犯は社会の体力作り
防犯は神余の体力作り!です。


2、犯罪とヒヤリ・ハット

ひやり!はっ!としたことをヒヤリ・ ハットと言うそうです。
ネーミングセンスに脱帽です。

ハインリッヒの法則で、

bouhan.jpg

1件の重大事故の背景には、29件の軽微な事故、300件のヒヤリ・ハットの存在があるということす。

結果的には事故にならず“あぁよかった”と思われるようなヒヤリ・ハットを集めてみると、
重大な事故を防ぐヒントが見つかることがよくあるそうです。

子どもがヒヤリ・ハットしそうな場所の把握には、親子で一緒に登校したり、危険な場所などの情報を
地域全体で共有する必要があります。



この講習会に参加して、犯罪や事故に対する予防と対策などが必要だと改めて思いました。

既に地域の皆さんによって行われている防犯パトロール、交通当番などに感謝します。

学校に面した県道、子どもがよく通る道、学校の登下校、よく遊ぶ場所、
私が実際に歩いたことがない場所、行った事がない場所が山ほどあります。

防犯、安全安心の意識を持ちながら、神余を歩こうと思います。

斎藤知範先生、ありがとうございました。

(た☆な)


スポンサーサイト
  1. 2013/12/11(水) 22:29:47|
  2. PTA行事

プロフィール

館山市立神余小PTA

Author:館山市立神余小PTA
ホタルの飛び交う里山のスモールスクール。

少人数ならではのきめ細やかな教育と、思いやりを育む地域連携の充実。

神余小学校で学んでみませんか?

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (21)
学校行事 (142)
PTA行事 (218)
地域行事 (52)
神余小検定 (4)

リンク

閲覧訪問者数

フリーエリア

外為どっとコム評判

リンク

このブログをリンクに追加する