館山市立神余小学校PTAブログ

親子ボーリング大会~6年生を送る会2014


2月1日(日)午前10時より、
館山市のボーリング場にて育成部主催の
「6年生を送る会(ボーリング大会)」が実施されました。

例年は卒業式前の3月に実施されている会なのですが、
昨年はインフルエンザの猛威により、参加できない児童が
多数いた為、已む無く、予定内容と実施日を変更したという
苦い経験もありました。

そのため、今年は昨年の教訓を活かすべく、
早目の実施を行ない、万一流感によるアクシデントが発生
した場合も、予定を後にズラすなどして、児童全員が参加
できるよう考慮した上での2月実施となりました。

これまでのボーリング大会における基本ルールは、
親子ペアで投球しながら2ゲームのトータル点数によって
順位を決めるという素朴なものでしたが、
このボーリング大会は、その名の通り単なるイベントではありません。

間もなく卒業する6年生と在校生との「想い出」をいかに残すか?
そこが大きな課題となります。

正直、あとから振り返れば、ボーリングを楽しんだ記憶は残るの
ですが、それがいつ、どの時期の6年生とのイベントだったか?
もしかすると、忘れてしまう子もいるかもしれません。

そこで今年のボーリング大会は、この楽しい想い出が、いつ、
どの時期の6年生と一緒だったか、またどんなことをやったか、
僅かながらでも記憶に残してもらうことが出来るよう、様々な
サプライズを盛り込みました。

内容はこうです。

まず1ゲーム目は、児童とその家族を7つのチームに分けた
1レーンごとの対抗戦で、チャレンジゲームと題して
目標アベレージ【77】を目指します。

77より多くても少なくてもダメという「意図的に狙いにくい」
特殊なルールです。

でもそれだけでは普通のボーリングになってしまいます。
なのでその途中にイベントタイムも設け、3と7フレーム目にくじ引きを実施。

その内容によって「助っ人(お父さんの誰かに代投してもらう)」や、
くじによって指定された特殊投球「両手で投げる」、「後ろ向きで投げる」、
「助走無しで投げる」など、より一層ゲームが楽しくなる工夫を取り入れました。

bori1.jpg

bori3.jpg


さらにその特殊ルールで、それぞれスコアを取ると、スキルや年齢に関係なく
それに応じた素敵な景品が貰えるという楽しみも加えました。

2ゲーム目は本気モードの親子対抗戦。
ひたすらハイスコアを目指して入賞を目指そうというものです。

結果的に、会場は予想以上に盛り上がり、沢山の笑顔で溢れていました。

bori2.jpg


最後の表彰式では、各自が頑張りに見合った素敵な賞を受け取り、
6年生の皆さんには卒業を祝う記念の品が贈られました。

活字にして説明すると、なんとも分かりにくい説明になってしまいますが、
結果的に6年生をはじめとする在校生や、その親御さんたちにも、
楽しんでいただけたイベントになったと思います。

小学校生活の6年間というのは長いようで短く、しかも、
幼児期の目線から世の中の景色をやや高い位置から眺められる目線、
そして思考へと変化する成長著しい貴重な時期です。

いろんな出来事があった中で、のちに、ふと今回のボーリング大会の
事を思い出してもらえると嬉しいです。

沢山の可能性を秘め、間もなく小学校を卒業していく6年生の皆さんに
心よりエールを送ります。

残りの日々を、さらに思い出深いものにしていきましょう。

また、今回ご参加いただいたご家族様、および、ご協力いただいた
方々にあらためて感謝申し上げます。ありがとうございました。

(お☆ひ)






スポンサーサイト
  1. 2015/02/01(日) 21:54:40|
  2. PTA行事

プロフィール

館山市立神余小PTA

Author:館山市立神余小PTA
ホタルの飛び交う里山のスモールスクール。

少人数ならではのきめ細やかな教育と、思いやりを育む地域連携の充実。

神余小学校で学んでみませんか?

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (22)
学校行事 (148)
PTA行事 (226)
地域行事 (53)
神余小検定 (4)

リンク

閲覧訪問者数

フリーエリア

外為どっとコム評判

リンク

このブログをリンクに追加する