館山市立神余小学校PTAブログ

水泳教室(水難訓練)~放課後子ども教室

7月最終の日曜日

朝から気温がぐんぐん上昇する晴天の下、
地中から這い出たセミたちが、天から与えられた
わずかな人生を力の限り謳歌し続ける午前9時。

放課後子ども教室主催の水泳教室に参加する
主に高学年の児童と、その父兄たちが続々と
学校に集まってきました。

水泳指導の講師には、神余小の卒業生で
過去に県の水泳大会で4位の成績に輝いた
実績のある岩崎孝一先生、そして、学生の頃
長年水泳部に所属していたという
加藤等先生の両名を迎え、
午前9時半、全員がプールサイドに集合したのち、
挨拶を交わして授業をスタートしました。

参加児童は3年の児童を1名含む、計10名。

まずは、指導を受ける前段階として、児童たちの
スキルを確認すべく、各々順番に平泳ぎを行ない、
次に、クロールでの泳ぎを確認して頂きました。

sui1.jpg


ひととおり、児童たちの水泳技能を確認したのち
平泳ぎでの足の運ばせ方や腕の動き、そして息継ぎ。
クロールでの水の掻き方やバタ足の方法など
講師による指導が行なわれました。

sui2.jpg

sui3.jpg

懇切丁寧な指導の結果、わずか十数分後には
フォームがキレイになった児童、スピードが
アップした児童などが現れました。

適宜、休憩を挟み、講師たちの模範演技を鑑賞。

午前11時、今回の水泳教室のメインとも言うべき
水難訓練がスタート。

児童の父親が溺れる役を演じ、その救出演習を
講師の岩崎さんが行いました。

水の事故のニュースで時々報じられる事例として
溺れている人を助けようとした人も共に溺れてしまう
という話がありますが、
なぜそうなってしまうのかといえば、溺れる者が
救出者にしがみついてしまうからだそうです。

今回の救出演習では、溺れている人から
しがみ付かれることを避けるべく、背後から
近寄って助け出すという方法を教わりました。

見ていると簡単そうに見えるものの、実際に
救出演習を行なった父兄たちからは、
やってみると意外に難しいとの意見が出ました。

最後の10分は自由に水遊びを行い、午前11時半に
児童・父兄共々、講師の方々にお礼を述べ
楽しくスキルアップにつながった水泳教室の幕は閉じました。

sui4.jpg

講師をしてくださった岩崎さん、加藤さん、ありがとうございました。

(お☆ひ)





スポンサーサイト
  1. 2015/07/26(日) 15:45:42|
  2. PTA行事

プロフィール

館山市立神余小PTA

Author:館山市立神余小PTA
ホタルの飛び交う里山のスモールスクール。

少人数ならではのきめ細やかな教育と、思いやりを育む地域連携の充実。

神余小学校で学んでみませんか?

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (21)
学校行事 (147)
PTA行事 (226)
地域行事 (52)
神余小検定 (4)

リンク

閲覧訪問者数

フリーエリア

外為どっとコム評判

リンク

このブログをリンクに追加する