館山市立神余小学校PTAブログ

かえで祭り 学習発表会

校庭のかえでがきれいに紅葉を始める頃に行われる
恒例の学習発表会―かえで祭り

1時過ぎから、地域の方々が来てくださり、保護者も含めて60人を超す人たちが
子どもたちの学習発表を楽しみました!

全校群読
gundoku.jpg


1,2年生の発表は「りすのわすれもの」
1,2年生


3,4年生の発表は「わすれられないおくりもの」
3,4年生

この学習発表会を見ていて、
ふと、相田みつをさんの「命のバトン」の詩のことが頭に浮かびました。

どちらの劇も、「命のバトン」を思わせる題材が劇になっていて、心にふれました。

会の冒頭のあいさつでも、今年の震災のあと
命の大切さについて考えたことを語ってました。

先生方に、地域の方々に、また家族に支えられている子どもたちが、
しっかりと命のバトンを受け継いで
強く、そして優しく、生きていってほしいものです。

劇では、子どもたちが、長いセリフやナレーションをしっかり覚え
一生懸命演技しているところが、すごかったな・・・

スモールスクールならでは・・・みんな一人2役も3役もこなしてました!!


5,6年生は、コンピュータを使ってのプレゼンテーション
5,6年生

さすが高学年、大人っぽさが感じられました。
総合学習で取り組んできた野菜作り、エコキャップ運動、「お年寄りに聞く」活動についての発表。

地域~世界に、そして、現在~過去へと視野を広げて
自分にできることをやっていきたい、という5,6年生。
   頼もしいな~



次は、地域の人との同時放送ゲームや神余クイズに挑戦!

みんな身を乗り出して、真剣!!
クイズ

校庭のかえでの木の一番太いところは6メートルもあるって・・・ビックリ!
(私や周囲の予想は4メートル・・・)

「なぜ木で校舎つくったか」のクイズの答えは、
決して「安かったから」ではなく、
「子どもたちに木のぬくもりを感じてほしいから」でした。

神余小学校は、木のぬくもり、そして地域の方々や先生方の愛情深いぬくもり、
それに、元気いっぱいの子どもたちの熱いエネルギーで
ぬくもりいっぱいですね!

風船を回して、音楽が止まった時に風船をもっていた人にインタビュー!というのでは
みんな、ドキドキしながら、ささっと次の人に風船を回してました・・・!
game.jpg

集まりのたびに、こんなふうに交流のひとときがもてるっていうのも、
神余ならではですね~

最後に、音楽会で発表した合唱と合奏を聞かせてくれました。ありがとう。
本番に仕事の都合で見に行けなかった親としては、
心を一つに歌い、演奏する姿が生で見られて嬉しかったです☆

ongaku.jpg

子ども一人一人が、
いくつも出番があって、
一生懸命取り組み
輝けるチャンスがいっぱいある
すてきな学習発表会でした

(き☆と)
スポンサーサイト
  1. 2011/11/28(月) 09:55:27|
  2. 学校行事

プロフィール

館山市立神余小PTA

Author:館山市立神余小PTA
ホタルの飛び交う里山のスモールスクール。

少人数ならではのきめ細やかな教育と、思いやりを育む地域連携の充実。

神余小学校で学んでみませんか?

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (21)
学校行事 (142)
PTA行事 (218)
地域行事 (52)
神余小検定 (4)

リンク

閲覧訪問者数

フリーエリア

外為どっとコム評判

リンク

このブログをリンクに追加する