館山市立神余小学校PTAブログ

畑の先生

6月1日(金)、1年生と2年生で
「サツマイモの苗植え」と「トウモロコシの種まき」をしました。

神余小学校の教育目標の一貫として、地域の農家のかたを「畑の先生」として
お迎えして、野菜の育て方などいろいろと教えて頂くことになりました。

まずは基本の土作りから。
「えー!?土って作るの??」「土ってどうやって作るのー!?」と早速質問が飛び出しました。
疑問に思ったことはすぐに聞いてみる。いいことですね。

この質問には畑の先生のほうが困ってしまっていたようですが、
「土は野菜のご飯です。肥料を混ぜて美味しくしてあげます」との回答でした。

大人は何気に使っている言葉でも、子ども達にはわからないことがあるんですよね。
子どもの目線でわかりやすく教えてあげなくてはいけないので先生は大変ですね。

早速、肥料を混ぜた土をくわで耕しました。
1年生でも意外にみんな使い方が上手でした。おうちでお手伝いしたことがあるのかな??

20120601-1.jpg

畑の先生、とても便利なものを持ってきてくれました。
「ミニ耕運機」、みんなやってみたくて大人気でした。

20120601-2.jpg

そして「マルチ」とよばれる黒いビニールで土を覆います。
これは土を温め、土が乾かないようにするためなんだそうです。

20120601-3.jpg

休み時間の間に畑の先生が山から竹を切ってきました。
何をしているのか見ていると、マルチが風で飛んでいかないようにする「マルチ押さえ」を作っていました。
これで安心。エコと知恵ですね!

20120601-7_20120605093227.jpg

これがトウモロコシの種です。
消毒のためにお薬がついているので赤いんだそうです。
芽が出やすいように、学校の先生が一晩水に漬けておいてくれました。

20120601-4.jpg

みんなで並んでトウモロコシの種を蒔きました。

20120601-5.jpg

サツマイモの苗は、茎を誘導する為に竹の棒と一緒に土に斜めに差して、
竹の棒だけゆっくりと引き抜きます。これは子ども達にはとても難しい作業でした。

20120601-6_20120605012036.jpg

悪戦苦闘しましたが無事に植えられてVサイン♪

20120601-7.jpg

この他にもプランターに「オクラ」「なす」「枝豆」を植えたそうです。
次の授業まで、毎日水やりなどの管理、観察などが子ども達のお仕事です。
責任重大で大変だけど、収穫が楽しみですね!!
(お☆す)
スポンサーサイト
  1. 2012/06/01(金) 22:32:20|
  2. 学校行事

プロフィール

館山市立神余小PTA

Author:館山市立神余小PTA
ホタルの飛び交う里山のスモールスクール。

少人数ならではのきめ細やかな教育と、思いやりを育む地域連携の充実。

神余小学校で学んでみませんか?

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (21)
学校行事 (147)
PTA行事 (226)
地域行事 (52)
神余小検定 (4)

リンク

閲覧訪問者数

フリーエリア

外為どっとコム評判

リンク

このブログをリンクに追加する