平成30年度 PTA定期総会

1年生を迎える会、学級懇談会に続いて
今年度のPTA定期総会が行われました。

昨年度の報告、今年度の事業計画などの報告が行われ全て可決されました。

20180427092821c58.jpeg


本部役員も引き継がれ、いよいよ新役員での今年度のPTA活動もスタートです。

新会長からは「全ては子どもたちのために」という話がありました。
今年度も子どもたちが安心して学校生活が送れるよう、学校・家庭・地域が一体となり協力していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

(た☆の)

  1. 2018/04/19(木) 22:54:36|
  2. PTA行事

学校職員歓送迎会

4月11日、「花しぶき」を会場に、歓送迎会が行われました。

地域の皆様や先生方、保護者の皆さん…総勢60名にご参加いただき、盛大な歓送迎会となりました。
児童の有無にかかわらず、地域のほぼ全戸がPTA活動に賛同してくださり、PTA会員となっていただいている神余ならではの、地域の皆様と学校の繋がりが感じられる温かな歓送迎会でした。

退職された飯田敏校長先生、石井京美先生、これまで本当にお世話になりました。
何かの折にまた神余小学校でお会いできたら嬉しいです。
転入された押本正道校長先生、中田愛乃先生、これからお世話になります。
どうぞよろしくお願いします。

20180411001

20180411002


(や☆み)
  1. 2018/04/11(水) 21:58:35|
  2. PTA行事

6年生を送る会〜校外子ども育成部〜

平成30年2月25日(日)ぽかぽか陽気。
お父さんグループ運営の校外子ども育成部が主催する
「6年生を送る会」が開かれました。

まずは午後一番に、館山市内のヤングボウルに集合。
ほのぼのしたボウリング大会がスタート。
あまり慣れていない子や、まだ力の弱い低学年も
参加しているので、ガーター溝にボールが入らない様に
ストッパーバーを全レーンに付けてもらってのプレイ。

201803162222499d2.jpeg

20180316222318360.jpeg


学年バラバラに5チームを作り、各チームには
盛り上げ役のお父さんが1人ずつ付きました。
上の学年が、下の学年の世話をする姿も
ちらほらと見え、和気あいあいと2ゲームを終了。

終了後は、すみやかに神余小へ移動し、
いつもの図書室で表彰式が行われました。
1位から5位まで違った景品に、みんな一喜一憂。
色々な学年の友達と一緒に一つの結果を
出せたことで、団結感を感じている様でした。

その後は、タイムカプセル作成へ。
事前に巣立つ6年生の2人それぞれへの
手紙を在校生は準備していました。
それを一人ずつカプセルに入れ、最後に
6年生同士相手への手紙と、二十歳になった
自分への手紙を2通ずつ入れて密封。
カプセルはお父さんの一人が手作りした物です。

201803162223575e1.jpeg

あらためて人や自分へ手紙を書くことに、
意外と照れくさそうな様子でしたが、がんばって
言葉に残せたことが、数年後、数十年後の彼らに
良い影響を与えられたらと、育成部のお父さんたちは
思ったようです。
土の中に埋めるのは大変なので、校舎内の普段
使っていない地下スペースで保管してもらうことになり、
6年生2人でそこへもぐって設置しました。

まもなく6年生が巣立っていく現実がひたひたと
近づいていることで、みんなの心の中には寂しさと希望が
入り混じった気持ちが少なからずあったようでした。
楽しく思い出にのこる半日を皆で過ごすことができました。
6年生の2人をいつまでも、みんなで応援しているからね!

(よ☆み)
  1. 2018/02/25(日) 14:51:55|
  2. PTA行事

神余小学校大同窓会 写真でみる神余小の歴史

20180402093312da7.jpeg

懐かしのスライドショー
平成30年2月4日 風の強い中、ぱらぱらと少しずつ集まってきたお客様を神余小の子どもたちが明るく出迎えます!
今日のこの特別なイベントに、どのくらいの人が足を運んでくれるでしょうか。

「神余小学校 大同窓会」は、大正から昭和、平成の卒業写真や学校での日常、行事風景などを可能なかぎり映しだすスライドショーの企画です。(1時間47分の大作に仕上がりました!)
9カ月前から写真の発掘作業と上映準備に取り組んできたのは、ブログ管理委員会とPTA執行部、教頭先生の12名です。
ご協賛下さった企業のお力もお借りし、このイベントが実現に向けて動き出しました。
上映会をたくさんの方々に見ていただける会にするにはどうしたらいいのか?・・・ほとんどゼロからのスタートでした。

同窓会2


準備
1200枚ほどの膨大な写真をパソコンに取り込むのを初めに、年代のわからない写真の判別作業や集会でのイベント宣伝、房総中の店舗へのポスター貼り、房日新聞への記事投稿等々。
製作メンバーで何度も相談し、できることを分担してきました。
映像と音楽編集ができる方が限られていて、特にそのメンバーの負担はとても大きかったです!!
このイベントを実行したいと言い出したのはPTA山下会長。神余地域の方々へご恩返しをしたいとの思いからでした。
日頃から学校と子どもたちへのご理解に、ただありがとうを言うだけでなく、見える形で感謝を表したいというものでした。

20180402093207b58.jpeg



どんな会にしたい?
〇「ふるさとから離れて暮らす人にも、この機会に足を運んでもらえたら嬉しいね。」
●「かつて神余で過ごした皆さんに、久しぶりに学校時代を懐かしんでもらいたい!」
〇「こういうイベントを開くことで神余の皆さんに小学校へ1回でも多く来てほしい。」
●「神余小で行われてきたたくさんのコミュニケーションを忘れないでいてほしい。」
〇「昔の神余を知らない今の世代にも、こんな時代があったんだなとか、昔から地域のつながりが大切な所だったんだなぁと感じてもらいたい!」
●「神余の色んな世代の集まる同窓会みたいな会になったらいいのでは?」
準備に取り組んできた人たちは、
いつしかそんな気持ちになっていました。
訪れた人の心に様々な思いが湧き出てくるようなそんな会を目指して、当日を迎えました。

2018040209322443a.jpeg

201804020932479d3.jpeg


築82年の講堂で
当日はスタッフが少ない中、保護者の皆さんが受付や送迎車を出してくれたり、音響やカメラマンを引き受けてくれ、
効果的に動いて下さりスムーズでした。
消防団の皆さんには、駐車場係をこころよく受けて頂き、本当に感謝しております!
会場への案内を子どもたちも手伝ってくれ、段々とにぎわいが増えてきました。いつしか用意していた椅子だけでは足りなくなり、急遽椅子を追加するなどし、たくさんの人で講堂が埋まっていきます。
今回の会場であるこの講堂は、校舎建て替えの際にも取り壊されなかった校内唯一の建物で、神余小の数々の歴史を長い間見守ってきてくれています。(昭和11年に落成と記録にあります。)
訪れた方々の多くがきっとこの講堂で、運動をしたり、学芸会をしたり、
そして入学式に胸をわくわくさせたり、卒業式で切ない思いに駆られたことでしょう。
その場所で皆さんが共に集まり同じ時間を共有するのは、大きな意味があったのではないでしょうか。

フタを開けてみると…
100名以上の来場なら成功だね♪と話していましたが、大成功の145名でした!
保護者や小学生を抜いても100名くらいは来て下さいました。

20180402093300954.jpeg
いつもお馴染みの地域の方々に交じって、神余から離れて住む方々やかつて神余小で教員をされてた先生や校長先生なども数名いらっしゃっていました。
お聞きした限りですが、遠くは神奈川県葉山市、町田市、木更津市からお見えの方もいました。
上映中はかつての自分と仲間、先生などを見つけて「いた、いたっ!」と
指さす方や、周りの方と懐かしみながら話している方もいて、終始和やかな雰囲気でした。
スライドに寄り添った選曲がとても効果を発揮していて、会場の人々の心をやさしい模様の様に包んでいました。

寒い中、わざわざ足を運んでくださった皆さんにリラックスして楽しんで頂きたいとの気持ちから、受付でホッカイロを手渡したり、スライドの途中でアメをお配りしたりしました。スライドショー後には、
受付場所の廊下に、何枚かピックアップした集合写真やこのスライドショーに来られずお手紙を下さった方、かつて神余で教鞭を執っていた先生などの心温まる文章などを掲示して、帰りに見ていただきました。
記念DVDも好評な売れ行きで「お家でまた家族で見るよ~」
なんて嬉しそうに買われる方も多かったです。
20180402093233a77.jpeg

2018040209450389e.jpeg

終わってからのお客様の反響も「本当によかったよ!」というお声をたくさん頂きました。手づくりの慣れないイベントでしたが、やって良かった。来て良かった。と思えるようなステキな会だったと思います。
後日、ご来場くださったお一人からブログ管理委員会あてにメッセージを頂きました。
「略~50年前の私自身の実に幸せそうな笑顔に出会うことが出来ました。~略
90代の卒業生から在校生まで、まるで大きな家族になれた気がして改めて、
神余小学校が母校であることを誇りに思いました。~略」

20180402094446dfc.jpeg

ご協力いただいた皆様、そして来てくださった皆様、本当にありがとうございました。
なつかしさと感動が、会場に足を運んでくれた人と会に関わった人の心にあふれた日と感じられました。
ですが、この会に満足するだけでなく、こんな風に過去をふりかえり、神余小がここまで残っていることの意味を考えて行きたいですね。
いま地元に暮らす皆さんや離れても神余を思って下さる皆さんで再度認識し、子ども達にも伝えられる機会が増えたら良いなと思います。
そしてこの先に続く後輩たちに、先輩方が大切にしてきた膨大な数の神余小の歴史を、誇らしくつないで行ってもらえたらと感じました。

同窓会1


(よ☆は)

  1. 2018/02/04(日) 22:49:41|
  2. PTA行事

廃品回収・神社掃除・かえでの木の養生

今年も残すところ20日。
風はちょっと冷たいけれど日が差すとポカポカと背中があったかい、そんな日曜日の朝、
毎年恒例の廃品回収・日吉神社の掃除・そして神余小のシンボルツリーかえでの木の養生を行いました。

まずは廃品回収です。

地域の皆さまがこの日のために古新聞・古雑誌、空き瓶、空き缶をたくさん貯めておいてくださいました。
いつもご協力ありがとうございます。

アルミ缶はリサイクル業者の方が回収しやすいよう、足でつぶして小さくしていきます。
大人からOB、現役小学生~入学前の児童まで混ざっておしくらまんじゅう状態。
皆で力を合わせてあっという間にペチャンコになりました。

171210001


100袋以上集まった空き缶の袋が20袋ほどに。

古新聞・古雑誌は業者の方の手により回収車にポンポン投げ込まれていきます。

およそ1時間ほどで作業は終了。
全てをリサイクル業者さんに回収していただきました。

171210002

地域の皆さまのご協力で得られた収益金は子どもたちのために大切に使わせていただきます。
ご協力ありがとうございました。


続いて、日吉神社のお掃除です。

夏のお祭りをはじめとして神余の子どもたちがいつもお世話になっていてる日吉神社。
心を込めてお掃除していきます。
参道の階段、神社の境内は色とりどりの落ち葉でいっぱいです。
皆で手分けして竹ぼうきや熊手で掃いていきます。

171210003

少し早いですが、綺麗になった神社で地域の皆さまがよい新年を迎えられますように!



そして、小学校の校庭に移動して、
神余小のシンボル・かえでの木の養生を行いました。
今年も地元の森下さんに準備・ご指導いただきました。

少なくとも120年はこの場所に立っているというかえでの木。
9年ほど前から、毎年この時期にかえでの木に栄養を与えるための養生を行っています。

かえでの木をぐるりと取り囲むように等間隔で約50センチの竹筒を埋めていきます。
その竹筒の中に神余小の土に合わせて特別に配合された栄養素のある土を流し込んでいきます。
竹筒もそのまま土に還って養分になるそうです。

171210005

山の中ではなく、小学校の校庭という特殊な環境で生きるかえでの木。
養生を行うようになってから葉ぶり・枝ぶりがぐんぐん良くなっているそうです。

171210004

 これからも神余小のシンボルとして子どもたちの成長を見守ってください!

(わ☆た)
  1. 2017/12/10(日) 14:53:57|
  2. PTA行事
前のページ 次のページ

プロフィール

館山市立神余小PTA

Author:館山市立神余小PTA
ホタルの飛び交う里山のスモールスクール。

少人数ならではのきめ細やかな教育と、思いやりを育む地域連携の充実。

神余小学校で学んでみませんか?

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (25)
学校行事 (168)
PTA行事 (237)
地域行事 (57)
神余小検定 (4)

リンク

閲覧訪問者数

フリーエリア

外為どっとコム評判

リンク

このブログをリンクに追加する